自己破産のメリットとは

自己破産の最大のメリットは、借金をすべて帳消しにできるということです。借金がどれだけあっても、免責が認められればゼロにすることができます。もちろん、無条件に免責が認められるわけではなく、ギャンブルなどでお金を浪費した場合や、不正な手段で借金をした場合などには、裁判所から免責が認められない場合もあります。任意整理や個人再生をするには、一定以上の返済能力がある必要がありますが、自己破産は返済能力がなくてもできます。まさに借金に困った人の最後の手段です。

ブラックリストに載るというデメリット

自己破産のデメリットの1つは、個人信用情報に事故情報が載るということです。よく、ブラックリストに載ると言われるのは、この状態のことを指します。個人信用情報に事故情報が載るのは5年から10年間で、その間はクレジットカードやローンが利用できません。自動車ローンや住宅ローン、スマホ本体の分割払いローンなど、生活に必要なローンまでも利用できなくなるので、なかなかに不便です。しかし、返せないほどの借金をしてしまったのですから、クレジットカードやローンが利用できない期間は、反省期間として受け入れるべきでしょう。本当に困った人にとっては、デメリットよりも借金をゼロにできるというメリットのほうがはるかに大きいです。

資産をすべて失うというデメリット

自己破産をすると、借金をすべて帳消しにできますが、そのかわりに資産をすべて失います。資産価値のあるものは、債権者への借金返済にあてられます。個人再生では、マイホームを残せますので、マイホームを失いたくない人は個人再生という方法を検討してみましょう。購入してから年月が経過した中古自動車などは、手元に残せる可能性があります。また、生活に必要なものも手元に残せるので、自己破産後の生活については心配する必要はありません。

自己破産は資産を手放すことで借金を無効にすることが可能なので、弁護士などに相談をしてみると良いでしょう。