自宅にいながら学習が可能

通信制大学は近年始まった新しい就学スタイルとして注目を集めています。その大きな特徴が、自宅にいながら学習をすることができるということです。一般的な大学は、教室や研究室で授業を受けて、それに対するレスポンスやときには課題をこなしながら単位を修得していきます。しかし、通信制の大学においては、基本的にインターネットを利用したネット授業が主になります。そのため、暇を見つけて自分のペースで学習を進めることができます。

大学によっては単位引継ぎも

これは全部の通信制大学にあてはまるわけではありませんが、一部の大学では前の大学の単位を引き継ぐことができます。例えば、何らかの理由で前大学を退学してしまった人などがこれにあたります。せっかく前の大学で単位を取ったのに無駄になってしまった・・・そんなことで諦めることなく、取得単位数に応じて2年次編入、3年次編入などの制度が認められているところもあります。できるだけ短い時間で大学卒業資格を取ることができます。

顔が見えないので年齢も気にならない!

大学は基本的に年齢を問わず、試験をクリアすることで誰でも就学が可能です。しかし、やはりメインとなるのは高校卒業して間もない、10代後半から20代の人たちがメインになります。そのため、歳を取ってから大学に通うことをためらっている人もいることでしょう。しかし、通信制の大学は顔が見えないため、気兼ねなく学習を進めることができます。また、近年では卒業資格だけではなく、就職に役立つさまざまな資格が取得できる大学も多く見受けられます。

通信制大学とは、大学に通うことができなくてもインターネットを使ったりして授業を受けることができる大学のことです。