過去問をたくさん解く!!

司法書士試験は難関の試験ですよね。司法書士試験に突破することで今後の人生や生活、仕事の幅が広がりますよね。そんな人気の試験だからこそ、勉強方法や勉強時間もテクニックが必要になりますよね。この記事では司法書士試験を突破するための勉強方法を紹介します。効率良く勉強をするためには、過去問をたくさん解くことがとても大切です。過去問は問題の出題傾向や時間配分などを身につけることができる有意義なテキストですよ。

一つの問題集を完璧にマスターする!!

難関の試験だからといって、何冊も問題集を購入し、幅広く勉強を進める方もいると思いますが、一つの問題集を完璧にマスターすることもとても大切です。幅広く問題集に手をつけると、やり残しなども出てきてしまいます。そのために自分に合った問題集を一冊、何度も何度も繰り返し解きましょう。何度も解いて完璧になったら次の問題集を購入するという風に工夫して勉強を進めることがとても大切ですよ。そのために、お気に入りの一冊を見つけましょう。

メリハリをつけて勉強をする!!

司法書士の勉強はとても難関のため、頭が煮詰まってしまことも多いと思います。そんな時は、メリハリをつけて学習をするようにしましょう。時には息抜きを入れた方が、かえって集中力が増します。また、一日にできる勉強スケジュールをたてて行うことで、効率良くまんべんなく勉強をすることができますよ。夜寝る前には暗記をするなど、日課や目標をつけて毎日勉強することも大切ですね。無理のないスケジュールをたてて、勉強して下さいね。

司法書士の試験は、2段階選抜方式で実施されます。まず、「筆記」が7月に行われ、この筆記試験に合格した人が、10月に実施される「口述」に進む流れです。又、受験資格に制限がないので、誰でも受験ができます。